正直趣味が合わなくて…子供服のおさがりで悩む人へのアドバイス5つ

子供服のおさがりで悩む
スポンサーリンク

「お下がりの服、有難いけれどあまり趣味が合わない」

「よく会う人だから、全く着せないわけにもいかなくて、ちょっと困る」

「好みでないと言って、断るべき?それとも黙って頂くべき?」

 

「何でも着れたら良いわ」というママもいれば、子供の服にはちょっとコダワリがあるの。というママもいますよね。

 

こういう感じのものを着せたい!と思っているものと系統が異なるお洋服を、たくさん貰ってしまうと、ちょっと困ったものです。

 

「関係を壊さず、お断りするにはどう言えばいい?」

「たくさんもらった、好みでない服。そのままお蔵入りしちゃってもOK?」

「貰った服、人にあげたり、売ったりしても大丈夫?」

 

ママ友との関係は壊したくないし、でもこんなにたくさん趣味でない服を貰っても・・・という気持ちもあります。

 

今回は、ママ友から子供服のおさがりをもらったとき、当たり障りなくお断りする方法をまとめてみました。

 

子供の好みでないと話す

初めから頭ごなしに「これ趣味じゃないんだよね」というと、相手も良い気分はしません。
ですので、例えば子供の好みでないといったように、「じゃあ仕方がないわね」と思ってもらえる言い方を選ぶと良いですね。

 

「最近、子供も自分で服を選ぶようになってしまって、同じ服ばかり着るの」など、子供がコダワリを持っているように話せば、相手の前で頂いた服を着ていなくても気まずくありません。

 

その際に、「せっかく可愛い服をたくさん貰ったのに、勿体ないよね」と相手を立てる言葉を添えるようにすると、相手も気を悪くしないでしょう。

 

スポンサーリンク

服がたくさんあると言う

お下がりをくれる方というのは、例えば上の子と下の子で性別が違ったりして、「まだ洋服を買い揃えていないだろう」とか、「たくさんあっても困らないだろう」という気持ちからだと思います。

 

ですので、例えば「親戚に年上の男の子が居て、たくさんくれるんです」とか、「おばあちゃんが洋服をたくさん送ってくれるんです」とか話すのも良いですね。

 

とりあえず貰っておく

もし、たくさんもらいすぎて収納にも困るというので無いのであれば、とりあえず頂くのはいかがでしょうか。
あれこれ言い訳をしてお断りするよりも、一番角が立たないと思います。

 

10枚貰ったとして、数枚くらいは「これなら・・・」というのもあるかもしれません。
その数枚を着せれば、相手にも着せていることをアピールできますし、他のものは部屋着やパジャマ、園のお着替え袋に入れる用などに使えば良いですよ。

 

どうしてもダサいとか、ちょっと汚れが酷いとかいうものは、無理して着せなくても良いと思います。
相手もそこまでどの服をあげたとか覚えていないものです。

 

新たな扉が開けるかも

好みでないと思った洋服でも、子供に着せてみたら意外と似合ったりすることがあります。

 

私もよく知り合いの方からお下がりを頂くのですが、自分なら選んで買わないなと思うようなものも結構あったりします。
ですが、とりあえずこれを着せておこうとか、深く考えずに着せてみたら意外と可愛くて、「おお!」と驚きました。

 

人から頂くと、自分では手に取らなかっただろうなというものにも挑戦できるので、逆に楽しいですよ。

 

私はこういった経験から、自分の趣味な服と、子供に似合う服って違うのかもしれないなと気づきました。

 

不要なものはリサイクル

貰った服って、サイズアウトしたり、季節が終わった後処分して良いのか迷いますよね。
頂く際にその辺のことはやんわりと確認しておくと後々困りません。
処分していいよ、とか親戚にまた生まれる予定だから、状態のいいものは戻して、とか色々あると思います。

 

もし処分OKとのことなら、絶対に使わないなと思うものや、サイズアウトしたものなどはフリマアプリやリサイクルショップなどに売ってしまうのもアリです。
ただ捨てるのも勿体ないですしね。

 

でも、相手の方の行動範囲内にあるお店や、相手の方も使っているアプリだったりすると、売っているのがわかってしまうこともありますから、そのあたりは要注意です。

 

まとめ

私も最近お下がりに恵まれ、上の子のも下の子のもたくさん頂く機会がありました。
おかげさまで最近子供たちの服買ったかな?となるほど。
もちろん中には「うーん」というものもありますが、そういうものが意外と子供は喜んで着たりして、よくわからないものです。

 

一番困ったのは、娘のサイズを小さく見積もったのか、着れないサイズのものばかりだった時です。
さすがに小さいな、というものは、黙って処分してしまいました。
相手もそこまで気にしていない様子でした。
着られるものだけ着せて、相手に「着せてるよ、ありがとう」と見せるような感じで。

 

ですので、いただくのにそこまで深刻にならなくても良いのではないでしょうか。
お金がかかるわけではないですし、中には使えるものもあると思います。

 

確かに収納とかを考えると面倒なこともありますが、使えないものはさっさと処分してしまえば良いのではないでしょうかね。
「ラッキー♪」くらいに軽く貰っちゃって良いと思いますよ。

スポンサーリンク
子供服のおさがりで悩む

ABOUTこの記事をかいた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スパム対策で、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。