子供服が処分できない!小さい頃のお洋服を上手に断捨離する3つのコツ

子供服が処分できない
スポンサーリンク

「子供の成長が早く、洋服がすぐにサイズアウトする!」

「増えていく一方で子供用のクローゼットがパンパンに!」

「減らしたいのは山々だけど、捨てるのももったいない!」

 

こんな悩みってありませんか?
私もつい最近、パンパンになった子供達の洋服ダンスの中身を思い切って整理したところです(>_<)
このように何かしらの対応をしていかないと・・・

 

『洋服たちをしまう場所がなくなり、家中が洋服で溢れてしまう…』

『ぐちゃぐちゃにしたままになってしまい、着れる洋服かどうかも分からない…』

『いざ着ようとしたら、シミだらけで着られない状態に…』

 

このように、だらしなく見える家になってしまうかもしれません!

思い入れのある洋服を処分するのはなんだか寂しい気もしますよね?

今回は、子供服を処分や思い切って整理するための3つの方法をご紹介したいと思います☺︎

 

仲良しな友達や親戚にあげて使って貰う!

成長とともに、その時に着ていた洋服にも思い出が詰まっているものですよね(;_;)♪
着れなくなってすぐに捨てるのはもったいないし、なんだか思い出も一緒に捨てちゃうような気がしてなかなか整理も出来ません… そんな時に1番いい方法は、思い切って仲の良い友達や親戚にあげて使って貰いましょう♪

 

もちろん渡す前に、選別する事が大切ですのでご注意くださいね!
あまりにも使い古したようなよれよれな洋服や、汚れがひどい物なんかは貰った方も困ってしまうし失礼になってしまいます。

 

そういう物以外で使ってもらえそうな洋服たちをしっかり選んで友達や親戚にあげて、その子供が着てくれているのを見ると、とても懐かしくてなんだか嬉しい気持ちになります☺︎

 

私は4歳になる息子の着れなくなった洋服たちを、1歳の甥っ子にあげて着て貰っています♪
姉も“洋服を買わなくて済むので助かる”と言ってくれていて、そのお礼にとたまに息子の洋服を買ってくれる事もありお互いに助かっています(o^^o)

 

捨ててしまうともう二度とその洋服を見れることはなくなってしまうけど、こうして姉妹や友達や親戚の子に思い出の詰まった洋服を着てもらう事で寂しい気持ちはなくなりますよね?

 

こだわりが強いママ以外なら、きっともらった方も助かると思います♪
私だったら声高らかに“着れなくなった洋服ください!”って、立候補しちゃいます!(笑)

 

まとめて一気に捨ててしまう前に、ちょっと周りでサイズの合う子供がいないか声をかけてみるのもいいと思います☺︎

 

スポンサーリンク

ブランド物ならメルカリで売ってみよう!

最近ではフリマアプリでお小遣い稼ぎをするママがたくさんいます☺︎
今回の着れなくなった子供服の中で、人気ブランドの洋服があるならば一度このフリマアプリで出品してみる事をオススメします♪
意外と高い値段で売れちゃうかもしれませんよ!

 

ブランドでなくても、数回しか着ていないようなまだまだ綺麗で着れるアイテムをまとめて売ると、1,000円から2,000円であっさり売れることもあります(o^^o)

 

リサイクルショップで同じようなまだ着れる洋服を査定してもらっても、500円にもならない事がほとんどなのでこのフリマアプリはかなりオススメです!
その売上金で新しい洋服やオモチャなど買うことも出来るので、是非チャレンジして見てくださいね♫

 

コツとしてあげるならば、写真を撮る場所と出品する時間を気をつけましょう☺︎
写真を撮る場所は、なるべく家の中で明るい場所を選んで背景も白っぽい方が見た目が良く見えます!

 

あとは、出品する時間ですがお昼の時間帯がおすすめです。
主婦層の多くが朝一や夜の時間は子育てで忙しいのでスマホを見る時間と言うと、お昼の時間帯になります。
そういう訳でお昼の時間帯がベストだと言えます。

 

まだフリマアプリを試した事のないママはこの点も頭に入れて、ぜひ一度出品してみてくださいね♪

 

どうしても愛着があるものは、リメイクしよう!

中には思い出がたくさん詰まりすぎていて友達や親戚にもあげられないような特別な思い入れのある洋服があるかもしれません!
そんな時は、リメイクして違う物として残したり、綺麗に保存して将来の孫の為にしまっておくという方法もありますよ☺︎

 

ちなみに、もうすぐ1歳になる私の娘が最近愛用している手編みのニット帽や手袋は、私が同じように小さい時に祖母が編んでくれた物で、20年以上たった今でもとても使えます!
親から子へと受け継がれていく感じがして、私もとても嬉しく思っています♪

 

他には、裁縫の得意なママ友なんかは思い出のたくさん詰まった洋服の一部分でポーチやクッション、くるみボタンにして髪留めにしたりと、違う物としてその先もずっと残しているママもいます(^^)

 

ちょっと不器用なママでもくるみボタンくらいならきっと簡単に出来ると思うので、どうしても捨てられない・あげられないような特別な洋服がある時は是非リメイクに挑戦してみましょうね♪

 

まとめ

この他の、使い古した洋服や汚れが酷く捨てないといけないような洋服は、まとめて一気にゴミに出すかリサイクルショップにて処分してもらいましょう!
このままとっておいても着る事は絶対にないし、整理していかないと溜まっていく一方で家の中が大変な事になってしまいます(>_<)

 

捨てるのはなんだか寂しいしもったいないからと、気が進まなかったママも今回ご紹介した3つの方法で上手に断捨離をして、昔の思い出も大切にしながらこれからの時間をまた新しい洋服たちとともに作っていきましょうね♫

スポンサーリンク
子供服が処分できない

ABOUTこの記事をかいた人

颯まま

2014年うまれの息子くんと、
2016年うまれの娘ちゃんの2人のママをしている共働きママです♪

同じように家事に育児に仕事を頑張るママ達の力になれるよう、
簡単で楽しく解決できるような記事を書くよう心がけています!
一緒に頑張っていきましょうね❁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スパム対策で、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。