子供がお風呂を嫌がる 3歳までに苦手を克服するためのポイント5つ

お風呂嫌いの克服
スポンサーリンク

『お風呂が嫌いで泣いてしまうので、ゆっくりお風呂に入ることができない。』

『水を怖がるから、髪の毛や顔を洗うのが大変。』

『お風呂を楽しい、気持ちいい場所だと教えたい。』

 

こんなお風呂の悩みありませんか?

お風呂が苦手な子供はたくさんいますよね。お風呂に入ることに抵抗がない子でも、顔に水がかかるのを怖がってしまうことも多いです。

お風呂や水が苦手なままだと・・・

 

『お風呂の時間が、子供にとってもお母さんにとっても、嫌な時間になってしまう。』

『水が怖いままだと、プールなども楽しめない。』

『髪の毛や顔をしっかり洗ってあげることができず、荒れてしまう。』

 

など、子供もお母さんも困ることばかりですね。

今回は、子供がお風呂を嫌がるときに、克服するためのポイントをご紹介します!

子供のお風呂嫌いで悩んでいるお母さんたちはどんなことをチャレンジしているのでしょうか。

 

 

一緒に入る他の人が、お風呂を満喫している姿を見せる!

お風呂1

お風呂に入るのは気持ちがいい、水で遊ぶことは楽しいなど、まずは子供が信頼しているお母さんやお父さん、兄弟がお風呂のお手本です!

ポイント
お風呂に入ることは楽しい、お風呂が好き、お水は楽しいということを言葉や行動で、表現してあげる。

 

子供に限らず、大人の人も周りの人の楽しんでいる姿は良く見えるものですね。

どうしてお風呂に入るのかを教えてあげるのもいいでしょう。

 

私は必ずお風呂につかったら「きもちい~い。あったか~い!」ってオーバーに言うようにしていました。今では子供たちもお風呂に入ると必ず言うようになりました(笑)

 

スポンサーリンク

お風呂に入る前から嫌がる子には・・

着替え1

お洋服を脱ぐところから遊び感覚でスタートするのがおすすめ。

お洋服を脱ぐ競争をしたり、こちょこちょをしながらお洋服を脱いだり、お風呂に入らなければいけないという意識より、「お洋服を脱ぐ」ということだけを意識させるように遊びながらお洋服を脱がせてあげましょう!

上手にお洋服を脱ぐことができたらいっぱいほめてあげましょうね。

 

 

お風呂に入る前に、おもちゃや入浴剤を用意!

・お風呂は頭や身体を洗う場所×

・お風呂はおもちゃがあって楽しかったり、気持ちのいい場所◎

 

このような意識付けを行うために、なにか子供が夢中になれるようなおもちゃを用意してあげるのはとっても効果的です!お風呂の壁にお絵かきをすることができるクレヨンのようなものが100円ショップでも販売されています。

うちでは、食べ終わったプリンのカップなどを洗ってお風呂のおもちゃにすることもありますよ。

ジョウロや子供用のいす、桶を用意するのも良いし、入浴剤でお風呂の色を変えてみるのも子供が喜ぶことがあります。

 

子供用の入浴剤が多く販売されていますが、入浴剤の中からおもちゃが出てくるものなどお風呂の時間を楽しみにさせてくれるグッズがたくさんあります!

おもちゃやお風呂用品を利用して、お風呂が楽しい場所だという意識へ変えていきましょう。

 

 

お風呂に慣れてきたら

お風呂2

お風呂に入ることが慣れてきたら、今度はお水に慣れてくれるようにチャレンジです!

頭や顔を洗うことを嫌がる子がたくさんいて、むしろそれが普通なくらいです。

 

なんでうちの子は・・と思わないで大丈夫ですよ。水を怖がることはいけないことではありません。水は一歩間違えれば危険なもの。恐怖心は必要だと私は思います。

水の怖さを知ったうえで、水を楽しめるのはとてもいいことと考えて、少しずつ水に慣らしていきましょう。

 

まずは遊びからスタートするのがやはり効果的です。おもちゃで遊んだり、お風呂の中で遊んでいればお水がかかってしまうのは当たりまえ。でも遊びで少しかかる程度なら、我慢できる子も多いと思います。

そして、一緒に入っている人が、子供に顔や頭に水をかけてもらうのも良いでしょう。個人差はありますが、自分にもかけて!と言い始める子もいるかもしれませんね。

 

顔にお水がかかったときに、

「目をつぶっていたから全然平気だったね。」

「口を閉じていたからお水が口に入らなかったね」

などと言葉にしてあげましょう。

 

子供が水に対して自信を持てるようになることが大切です。

水は怖いけど、自分は顔にかかっても我慢できる。水が顔にかかっても泣かなかった。など自信を持つことで水への恐怖心が減っていく子が多いようです。

 

頭や身体を洗うときは

お風呂3

頭を洗うときは顔にかからないようにシャンプーハットをしたり、顔にタオルを当てて上を向かせて洗うなど、水が顔にかからない工夫をしてみると良いです。

水に慣れてきたら、徐々にタオルやシャンプーハットをとっていきましょう。

 

美容室ごっこをしてみるのもおすすめです!

髪の毛をシャンプーで泡立ててから、髪の毛で遊んでみて鏡を見せてあげたり、洗うと楽しいことが待っていると思わせてあげるのも効果的です。

 

しゃぼん玉を作りながら、身体を洗うのもグットです。

身体にしゃぼん玉をくっつけてあげて、しゃぼん玉を割りながら身体をごしごし洗ってあげればとっても楽しいお風呂の時間になりますね。

 

まとめ

いかがでしたか?

お風呂嫌い、水嫌いは楽しさを伝えることで改善されることがほとんどです。

言葉にしてみたり、自分が楽しい姿を見せてあげることでだんだん安心してお風呂の時間も楽になってくるでしょう。

 

お風呂ではタオルや、ビニール袋、プリンのカップなどお家にあるものがなんでもおもちゃに変わります♪

いろんなおもちゃを試してみましょう!

最初は泣いたりぐずぐずして大変かもしれませんが、怒ったりイライラしている姿より、楽しむ姿をたくさん見せてあげてくださいね。

スポンサーリンク
お風呂嫌いの克服

ABOUTこの記事をかいた人

4歳、3歳、2歳の年子三人を育てています。
育児の悩みを共感して、少しでも気が楽になるような役に立つ記事を書くように心掛けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スパム対策で、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。