離乳食中期でも大丈夫!ハロウィンを一緒に楽しむ離乳食メニュー

ハロウィンの離乳食メニュー
スポンサーリンク

「もうすぐハロウィン、子どもと一緒に食事も楽しみたいな・・・」

「大人用のハロウィンの食事は良いとして・・・離乳食って作れるのかな?」

「離乳食中だけれど、ハロウィンっぽいことをしてあげたい!」

 

秋が近付いてきたと感じるこの頃、秋のイベント前にこんな悩みはありませんか?
お子さんにとっても「初めて」のハロウィン、お母さん・お父さんにとっても「初めてお子さんと過ごす」ハロウィンですから、一緒に楽しみたい!という気持ちは大きいですよね☆
でも、

 

「大人はハロウィン用の食事を用意して、子どもの分はいつもと同じで良いかな・・・」

「離乳食でハロウィンっぽい食事は無理そうだし」

「それよりも子どもが小さいから、ハロウィンなんて関係ないよね・・・」

 

と思ってしまっていると、イベント前から楽しい気持ちはしぼんでしまいますよね。
毎日の生活に「楽しみ」は大切です!こんな風に諦めなくて大丈夫ですよ☆

 

今回は離乳食中期(7~8か月)のお子さんがいるファミリーでも、お子さんと一緒に楽しめる食事メニューをご紹介していきます☆
大人分を作っている最中に取り分けで作る離乳食もご紹介いたしますので、参考にしてみてくださいね☆

 

パンプキンシチュー

大人用のパンプキンスープは〔かぼちゃ・コンソメ・牛乳〕で作ります。
大人用の味が薄い時に取り分けても良いですし、もし1歳前に牛乳を摂らせるのが心配な方は粉ミルクや離乳食用品(ピジョンや和光堂からでている“ホワイトソース”)で代用することが出来ます☆

 

牛乳は1歳以降に摂らせるように・・・と推奨されていますが、加熱した状態で使うのであれば生後7~8か月からとされています。
しかし、これまでに乳製品を摂っていなかったり、乳アレルギーがあるお子さんには牛乳の使用を控えてくださいね。

 

〔材料(3人分)〕

・かぼちゃ・・・1/2玉
・牛乳・・・700ml
.水・・・300ml
・コンソメ(顆粒)・・・大さじ2(子ども取り分け用は大さじ1の過程で)

 

〔作り方〕

(1)かぼちゃの皮をむき、一口大の大きさに切り分けたら、耐熱皿に移しレンジで7分加熱する(竹串がすーっと通るくらい加熱する)

(2)かぼちゃに火が通ったら、マッシャーやスプーンなどで潰す
(あまり粗くない方が美味しいです)

(3)お鍋にかぼちゃ・牛乳を入れ、弱火でかき混ぜながら加熱する

(4)かぼちゃと牛乳がムラなく混ざったらコンソメを溶かし入れ、完成☆
(最初に大さじ1を溶かし入れた時点で子ども用を取り分けます)

 

〔市販の離乳食用ホワイトソースを使用する場合〕

(1)市販の離乳食用ホワイトソースをお湯で溶かす

(2)加熱してすりつぶしたかぼちゃを加え混ぜて、完成☆

 

スポンサーリンク

パンプキンリゾット

ハロウィンといえば、やはりかぼちゃですよね☆
リゾットの食感は離乳食中期のお子さんにも難なく食べられる硬さです。

 

普段のおかゆの味付けをちょっと変えてみましょう☆
こちらも途中で取り分けすることで大人用・子ども用が作れるので、楽ですよ☆

 

〔材料(3人分)〕

・ご飯・・・茶碗3杯分
・かぼちゃ・・・1/3玉
・玉ねぎ・・・1/2玉
・コンソメ(顆粒)・・・大さじ1
・牛乳または水・・・300ml
・粉チーズ・・・大さじ1(子ども用を取り分けた後に入れる)
・塩・こしょう・・・適量(子ども用を取り分けた後に入れる)

 

〔作り方〕

(1)玉ねぎ・かぼちゃは皮をむいて一口大に切り分け、レンジで6分加熱する
(竹串がすーっと通るくらい)

(2)玉ねぎはみじん切り、かぼちゃはマッシャーやスプーンで潰す

(3)お鍋に水・玉ねぎ・かぼちゃを入れ煮込む

(4)ことことしてきたらご飯を入れ混ぜ合わせ、コンソメを溶かし入れ、子ども用を取り分ける

(5)子ども用を取り分けた後、粉チーズを回し入れ混ぜ合わせ、塩・こしょうで味を整える

 

トマトリゾット

かぼちゃばかりでちょっと・・・という方にはこちらがオススメです☆
こちらも途中で取り分けすることで大人用・子ども用が作れるので、楽ですよ☆
ポイントはご飯から作ることと、トマトジュースで簡単に!です☆

 

〔材料(3人分)〕

・ご飯・・・茶碗3杯分
・トマトジュース・・・300ml
・玉ねぎ・・・1/2玉
・にんじん・・・1/2本
・コンソメ(顆粒)・・・大さじ1
・ケチャップ・・・適量(子ども用を取り分けた後に入れる)
・塩・こしょう・・・適量(子ども用を取り分けた後に入れる)

 

〔作り方〕

(1)玉ねぎ・にんじんは皮をむいて一口大に切り分け、レンジで6分加熱する
(竹串がすーっと通るくらい)

(2)加熱した玉ねぎ・にんじんの粗熱が取れたらみじん切りにする

(3)お鍋に野菜とトマトジュース・ご飯(冷ご飯ならば一度温めてください)を入れ、煮込む

(4)ご飯が柔らかくなってきたらコンソメを溶かし入れ、子ども用を取り分ける

(5)一度味を見て味が薄いようなら、ケチャップと塩・こしょうで味を整えて、完成☆

(大人用にはリゾットの上にとけるチーズをのせてレンジで加熱1分・・・とろ~りチーズがおいしいトマトリゾットになりますよ☆)

 

かぼちゃペーストのサンドイッチ

おかゆよりもパンの方が食べてくれるお子さんには、かぼちゃを使ってサンドイッチを作ってみましょう☆
ほんのり甘いかぼちゃをペースト状にし挟むことで、食べやすさもアップします。

 

かぼちゃは皮をむいて一口大で切り分け、レンジで7分ほど加熱すると柔らかくなります。
マッシャーやスプーンを使い、少量のお湯でのばしていくと塗りやすくなります。

 

同様の手順でさつまいもペーストを作って、黄色とオレンジ色の2色のサンドイッチも見た目に可愛いですよ☆
クッキーの型抜きで星型やかぼちゃ型などにくりぬくのも良いです☆(こちらは簡単なので手順は省きます)

 

パンプキン蒸しパン

こちらはおやつにも最適な野菜蒸しパンです☆
かぼちゃのほんのり明るいオレンジ色がきれいな蒸しパンに出来上がります。

 

今回は簡単に作るためにホットケーキミックスを使用します。
蒸し器でもレンジでもふっくら仕上がりますので、ご自身に合った方法で作ってみてくださいね☆

 

〔材料(10個分)〕

・ホットケーキミックス・・・100g
・牛乳・・・100ml
・かぼちゃ・・・100g

 

〔作り方〕

(1)かぼちゃの皮をむき、一口大の大きさに切り分けたら、耐熱皿に移しレンジで7分加熱する(竹串がすーっと通るくらい加熱する)

(2)かぼちゃの粗熱が取れたら、マッシャーやスプーンで潰す

(3)ボールにホットケーキミックス・かぼちゃ・牛乳を入れ、よく混ぜ合わせる

(4)ケース(シリコンケースなど)の8分目まで流し入れ、蒸し器なら中火で10分程度、レンジならふわっとラップをかけ2分程加熱します

(5)竹串を中心に刺して生地が付いてこなければ完成☆

 

パンプキンプリン

デザートやおやつもかぼちゃでどうでしょう☆
簡単に作れるかぼちゃプリンをご紹介いたします☆
かぼちゃの甘みだけで作るプリンです☆

 

〔材料(6個分)〕

・かぼちゃ・・・100g
・牛乳・・・200ml
・卵・・・2個

 

〔作り方〕

(1)かぼちゃの皮をむき、一口大の大きさに切り分けたら、耐熱皿に移しレンジで7分加熱する(竹串がすーっと通るくらい加熱する)

(2)かぼちゃの粗熱が取れたら、マッシャーやスプーンで潰す(こすと口当たり滑らかになります)

(3)卵・牛乳・かぼちゃを混ぜ合わせ、よく混ざったら型に入れる

(4)蒸し器に入れ、弱火で15分程加熱して、完成☆

 

まとめ

せっかくのイベント、お子さんだけ別メニューというのは、ちょっと寂しい気がしますよね。
今回は家族みんなが同じメニューを・・・ということで取り分けしながら作れるメニューをご紹介いたしました☆参考にしていただければ幸いです☆

スポンサーリンク
ハロウィンの離乳食メニュー

ABOUTこの記事をかいた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スパム対策で、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。