やっぱり、分けなきゃダメなの? 3か月の赤ちゃんの衣類の洗濯5つのパターン

3ヶ月の赤ちゃんの洗濯物
スポンサーリンク

「生後3か月の赤ちゃんの衣類は、手洗いのほうがいいのか」

「赤ちゃんと大人の衣類は、分けて洗濯したほうがいいのか」

「赤ちゃんの衣類は、普通の洗剤で洗濯してもいいのか」

 

赤ちゃんは大人よりも肌が敏感で弱いため、衣類の洗濯には気を使いますよね。

生まれたばかりの赤ちゃんは特に心配です。

気を付けないと…、

 

「赤ちゃんの肌荒れを悪化させてしまう」

「赤ちゃんの衣類の汚れが違う洗濯物についてしまう」

「目には見えない菌を増殖させてしまう」

など、肌トラブルの原因になってしまったり、赤ちゃんの衣類が不衛生な状態になってしまったりします。

今回は、3か月の赤ちゃんの衣類の洗濯方法について、まとめてみました。

 

大人の衣類とは完璧に分けて洗濯する

大人の衣類には汚れをしっかり落としてくれる蛍光剤入りの洗剤や漂白成分入りの洗剤、そして衣類をふんわりとした手触りにしてくれる柔軟剤を使いたいという人は多いと思います。

また、普段の洗濯にはお風呂の残り湯を再利用しているという家庭もありますよね。

 

そんな場合は、赤ちゃんの衣類とは分けて洗ったほうがいいでしょう。

蛍光剤入りの洗剤や柔軟剤には、肌の弱い赤ちゃんには避けたほうがいい成分も入っています。なので、肌の弱い赤ちゃんには肌荒れの原因となってしまう可能性もあるのです。

 

 

赤ちゃんのお肌が心配な場合は、大人の衣類とは分けて、赤ちゃん用の洗剤を使用して洗濯してみてください。

ただし分けて洗う場合、気を付けないといけないのは、赤ちゃんの衣類がある程度たまってからまとめて洗濯しようとして、はき戻しやよだれなどの汚れをそのまま放置しないことです。

 

汚れのついた洗濯物を放置すると、目には見えない繁殖菌が増殖する可能性があります。

そうすると洗濯だけではきれいにならない可能性もあるので、汚れが付いたものは早めに洗ってくださいね。

すぐに洗濯ができない場合は、バケツなどを使い、つけおきしておくといいと思います。

 

スポンサーリンク

最初は分けて、その後様子を見て一緒に洗濯する

赤ちゃんの肌が弱い、アレルギーかもしれない、など心配な場合は別に洗濯したほうがいいかもしれません。

 

しかし、特別肌トラブルを起こすこともなく、元気に成長している場合は、一度一緒に洗ってみて、肌荒れを起こしたりしないか様子を見てみましょう。

 

一緒に洗濯した衣類を赤ちゃんが着用しても特に問題ない場合は、そのまま大人の衣類と一緒に洗濯してまっても大丈夫でしょう。そのほうが家事の負担も減りますし、その分の時間を赤ちゃんとスキンシップの時間にすることができますね。

 

分けずに洗濯し、洗剤は赤ちゃんの肌にもやさしいものに

 

大人の衣類と赤ちゃんの衣類を分けて洗濯するのは、手間がかかりますよね。

でも、蛍光剤入りの洗剤や柔軟剤を使うのは心配だという場合には、洗剤を肌にやさしい自然派の洗剤に変えて、柔軟剤は使わずに洗濯するのがいいでしょう。

環境にも優しい洗剤で洗うことで、エコの意識も高まりますね。

 

また、赤ちゃん用の柔軟剤というのも販売されているので、それを一緒に使ってみるのもいいでしょう。

ただし、赤ちゃん用の洗剤や自然派の洗剤は、洗浄力もそこまで強くないものが多いので、大人の衣類で汚れのひどいものは別にして、普段使っている洗剤で洗ったほうがいいですね。

 

分けずに洗濯し、赤ちゃんの衣類はネットに入れる

同じ洗濯機を使うのだからあまり気にせずに大人の衣類も赤ちゃんの衣類も一緒に洗ってしまいたいという人もいると思います。

そんな場合は、赤ちゃんの衣類はネットに入れて洗濯をするといいでしょう。

赤ちゃんの衣類はやわらかくデリケートなものが多いので、生地をあまり傷めずに洗うことができます。また、大人の衣類についていた髪の毛やほこりなどのゴミがつくのを防ぐこともできます。

汚れのひどいもの以外は、大人の衣類と一緒に洗濯してしまったほうが節水、時間の節約にもなり、ママのストレスは減ると思います。

そして、使用したネットは洗濯後、しっかり乾かして保管してくださいね。

乾かさずに保管しておくとカビが生えてしまうこともあるので気を付けてください。

 

大人の衣類は洗濯機、赤ちゃんの衣類は手洗い

大人の衣類は今までどおり洗濯機で洗い、赤ちゃんの衣類は手洗いをするという方法もあります。

赤ちゃんの衣類は小さく、汚れ自体も落ちやすいものなので、手洗いもそれほど手間ではありません。

 

赤ちゃん用の洗剤を手洗い桶に入れて、汚れるたびにささっと洗ってしまえば、汚れた状態の衣類を放置しておかなくて済むのでとても清潔ですね。

手洗い後、脱水は洗濯機で数分行えば乾かすのもあまり手間ではないと思います。

汚れた状態の衣類を放置しておきたくない、洗濯機を使って生地を傷めたくないという人は手洗いするのがよいでしょう。

 

まとめ

いかかでしたでしょうか。

洗濯については家族構成や生活環境の違いにより、様々な考え方があると思います。

大人の衣類と分けて洗濯するとその分時間もかかりますし、水道代もかかってしまいます。

 

しかし、赤ちゃんは肌が敏感なので一緒に洗ってもいいか心配になることもありますね。

赤ちゃんのことを一番に考えた上で、どのように洗濯するかを決めてみてください。

あまり神経質になりすぎたり、ママのストレスの原因にならないよう柔軟にいろいろ試してみてくださいね。

スポンサーリンク
3ヶ月の赤ちゃんの洗濯物

ABOUTこの記事をかいた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スパム対策で、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。