ハイハイ期のママ達に聞いた☆これでスッキリ赤ちゃんの肌着対策3つ

赤ちゃんの肌着対策
スポンサーリンク

 

「寝返り、ハイハイ、動くようになってくると、すぐに脱走してロンパースタイプの肌着を着せるのは大変」

「かといってセパレートだと、お腹が出て冷えそうで心配」

「みんないつごろからセパレートタイプに移行するの?」

 

動けるようになると、ただそれだけで楽しくて、赤ちゃんはどんどん活動するようになります。
そうなると、お着替えやおむつの交換の際、ママはてんやわんや。
ただでさえバタバタなのに、ロンパースの股下スナップなんてとても留められないという声も。

 

「セパレートを着せていたら、寝ている時にお腹が出ていた!」

「ロンパースもサイズ的にはまだまだ使えるし、出来れば買い替えたくない・・・」

「無駄なく、でも赤ちゃんが風邪を引かないようにするには、どうやって肌着を選べばいいの?」

 

赤ちゃんが段々ハイハイしたり、歩いたりすると、着せる洋服も少しずつステップアップしていきます。
しかし、ハイハイ期くらいの赤ちゃんだと、肌着はどのタイプも一長一短。それぞれに悩みが付き物なんですよね。

今回は、8か月くらいで、ハイハイ期の赤ちゃんの肌着対策についてまとめてみました。

 

2歳位まではロンパースタイプを使用

一般的にも、2歳くらいまではロンパースタイプを活用するというママは結構多いようです。
中には保育園での指定があったりとかで、セパレートタイプに移行する場合もあるようですが、やっぱりお腹を隠せるロンパースって安心して着せられるんですよね。

 

ただ、オムツを変えるときや服を着せる時に脱走されて大変なのも事実。
賛否両論あるかもしれませんが、我が家ではどうしても逃げて動き回って・・・という時には、股下のスナップは留めなかったり、一つだけ、ということもありました。

 

それでも、長さのある作りですので、ズボンやスパッツなどに入れてしまえばお腹は出ずに役割を果たせるんですよね。

 

もしくは

  • つかまり立ちができる子なら立たせてしまう。
  • 膝の上に座らせてボタンを留める。
  • おもちゃなどで気を引きながらお着替えを済ませる。

などなど、脱走を防ぐ方法は色々ありますので、赤ちゃんの成長に合わせて試してみて下さいね。

 

我が家では、オムツを交換する時点から逃げようとするので、ちょっと荒業ですが、両足で子供の両腕を押さえながらおむつ替え→身支度までやっていました。
これである程度は抑えられるので、ざざっとは着せられますよ。

 

スポンサーリンク

セパレート肌着が便利

たくさん動きまわったり、じっとしていられない赤ちゃんにはセパレートタイプの肌着が便利です。
オムツ替えのたびに股下のスナップを留める必要がありませんから、ママのストレスもうんと減りますね。

 

それに、ハイハイ期を過ぎてくると、徐々にオムツの交換頻度も減ってきます。
そうすると、今オムツを変えるタイミングかな?とチェックをする際、ロンパースタイプだとなかなか難しいですが、セパレートの肌着だと、腰のところからちらっとオムツの中を除くだけでチェックすることができます。

 

ただ、お腹が出てしまう・冷えやすいという点は気になるところですよね。
ハイハイをする時にはどうしてもお腹周りに隙間も開いてしまうので、心配でもあります。

 

そういう時は

  • タイツの中に肌着を入れ込んでしまう
  • 長めのトップスを着せる
  • 腹巻き付きのズボンを使う

など工夫をすることである程度カバーができます。

 

腹巻き付きパジャマを活用

徐々に動きが活発になってくると、寝相も酷くなっていきますね。
そうなると、セパレートの肌着では、寝ている時にお腹が出てしまう恐れがあります。

 

もちろん、眠るときだけロンパースタイプの肌着を使うという方法もありだと思うのですが、毎朝肌着まで着替えさせるのもちょっと手間だったりしますよね。
汗をかく夏場でなく、寒い冬場なんて特にそうです。

 

そこで活用したいのが、お腹をすっぽり包んでくれる腹巻きがパジャマのズボンについているタイプのものです。
これなら、セパレートの肌着の上からでもしっかりとお腹を包んでくれるので、寝ている間も安心ですよ。

 

夏場などでも、夏服のパジャマの上に腹巻きを付けて、お腹だけは守れるようにするか、群れや汗疹が気になるようならガーゼ生地などの長めのベストなどを着せるようにすると良いでしょう。
すぐに布団を剥いでしまう子供の、寝冷え防止にもなります。

 

まとめ

ハイハイの頃って、床の上でうつ伏せになることも多いですし、ハイハイしている間にも肌着が出ちゃったりとかして、お腹周りの冷えはかなり気になりますよね。
じっとしているわけでもないので、ゆっくりと服装を整えてもあげられません。

 

だからこそ、肌着選びには頭を抱えます。
赤ちゃん用品店に行っても、どちらも売っているし、わからなくなっちゃいますよね。

 

結論としては、どっちでもいいのかなと思います。
どちらにも長所・短所がありますので、どっちがベスト!とは言えないのです。

 

既に大きめサイズのロンパース肌着まで買い揃えてあるなら、是非それを活用したいところですし、これから買うなら安価なセパレートでも良いでしょう。
短所をカバーしながら、上手に赤ちゃんのお腹を守ってあげて下さいね。

スポンサーリンク
赤ちゃんの肌着対策

ABOUTこの記事をかいた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スパム対策で、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。